プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

白金イゾラの若手マネージャー

元気で明るいお店を目指して奮闘中。
飲んだワインは数知れず、イタリアワインのことなら任せてください。

美味しいワインやその日に入った新鮮な食材などご紹介できればと思います。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

雑記(その他) Feed

2011年10月21日 (金)

イタリア旅行記 2日目③


バチカン近くのサンタンジェロ城



サンタンジェロ城の中からの写真

上るのが結構大変でしたpaper

川はあんまりきれいじゃないですcoldsweats02

川に沿って歩きましたがゴミのオイニー(匂い)がツイキー(キツイ)でしたcrying

栗の木が川と一緒にずっと続いていましたmaple


かの有名なスペイン広場、、、すごい人でした

物売り(花や人形)が多くてうざかったpaper

基本無視が一番runrun

ローマのスーパーに入ってみましたgood

意外と野菜、フルーツは高く日本と変わらないぐらいsign02

ガス水がすごい安かった0.5ユーロ(60円ぐらい)

水はスーパーで買ったほうがお得ですnote


お昼に適当に入ったレストランで生のブカティーニ アマトリチャーナと
ラザーニャを食べましたshine

乾麺のブカティーニ(細長いロングパスタのマカロニみたいなもの)

は日本でもよく見ますが生のブカティーニは初めてでしたhappy02

ではまた次回shineshineshine

2011年10月18日 (火)

イタリア旅行記 2日目②


トランプの11番みたいな人が門番をやっていましたpaper


突撃しようと思ったんですが本気で怖い警備の人もいたのでやめました


あまり芸術には興味ないがここはすごかった、、、

いたるところに彫刻、装飾、画がありすごいとしか言葉が出ませんでしたhappy02


とりあえず凄さに驚き、お辞儀しときましたgoodbleah

トムクルーズが地下にいないか見てみましたが、残念ながらいませんpaper

天井までぎっしりupupup

地球外生命体襲来の光sign02 

Xファイルのワンシーンのようで幻想的でしたshineshine


出てきたら奥までぎっしり人が並んでいましたsign03


およそ30分ぐらいの時間差でしたがこの並び具合paper

バチカンは朝早く行かれることをお勧めしますgoodbleah


ではまた次回notenotenote

2011年10月16日 (日)

イタリア旅行記 2日目


イタリアの静かな朝、列車の音を聞きながらローマの町へrun


イタリアの車、、、これタクシーなんですpaperpaper

めっちゃお洒落goodbleah

お兄さんもかなりイケメンでしたが写真撮るの忘れましたbearing


昔ながらの町並みが続き、地面は石の道で造られて

ガタガタ揺れて車酔いしそうな感じでしたsad


まずはバチカン市国から行きましたbellbellbell

まだ朝早かったおかげで(8時くらい)人は全然いませんでしたshineshine


一部分で補修工事をちょこちょこやっているようでしたpaper

ミッションインポッシブル、天使と悪魔の舞台だと思いながら歩きました(ただの映画オタク)moviemoviemovie

ではまた次回に続く、、happy02

2011年10月10日 (月)

イタリアでのお食事① D’ISOLA

中はシンプルな内装でテラスが大きかったので

時期的にもテラスでお食事しましたnotenotenote


メニューがお洒落でコルクで出来ていましたhappy02happy02

メニューを見たらサルディーニャ料理専門店happy01

なるほど、だから店名がイゾラ=島なのかと思い、(サルディーニャ島)

料理を選びましたgood



ストゥッツキーノ(つき出し)で出てきたのは、、、

パーネカラサウ(生地をカリカリに焼いた伝統的料理)

オリーブでどちらも塩っ気が効いていておつまみには最高sign03sign03

オリーブはうまみが日本で食べるものより段違いだったshineshine


この料理は美味しいトマトとフレッシュのバジルを乗せ、
           オリーブオイルをかけたパーネカラサウ

絶妙の相性でこれは一度食べたら病みつきlovely

最初はビールで乾杯flair



次はニョッキを詰めたラビオリ トマトソース

イタリアの野菜の味が濃厚で感動しましたbleah

合わせてグラスの白ワイン ヴェルメンティーノ ガッルーラ
(サルディーニャのワイン)
果実味があって、厚みある辛口ワイン

セコンド(メイン)は牛のグリル シンプルに塩のみで味付け

メインにカンノナウ サルディーニャのフルボディを飲みましたheart02

カンノナウ種はフランスだとグルナッシュとも呼ばれていますwink

スパイシーでタンニンも効いている濃厚なワインでしたup

お好みでアチェートで味付けflairオイル、塩、バルサミコ酢

コントルノ(付け合せ)でサラダを注文good

結構痛んでいるものも普通に使っていたcoldsweats01

あまり気にしないのかな、、、、paper


最後はドルチェ(デザート)

サルディーニャ伝統的お菓子 セアダスとオレンジのケーキ

セアダスは生地にペコリーノ サルド フレスコ

(フレッシュの羊で作ったチーズ)を中に入れて低温の油で揚げ、

最後に粉糖と蜂蜜をかけたデザート+レモンの皮がかけられていたbleah

オレンジのケーキはシンプルにカスタードとオレンジを乗せ焼いたものですgood
すごく甘かった、、、bearing

セアダスは甘塩っぱい感じのさっぱりとしたデザート 絶品でしたheart04heart04heart04


最後はサービスで自家製リモンチェッロをいただきましたbarbar


サービスマンも気さくでよく喋ってくれてとても満足でしたdeliciousscissors

2011年10月 6日 (木)

イタリア飲みまくりツアー1

イタリア ローマからホテルへ移動!

雲一つなく快晴sunsunsun


イタリア人の車の運転は荒いと聞きましたがここまでひどいとは、、、

みんな気分はF1ドライバーみたいにぐんぐん抜いていくbearing

無事、事故することなくホテルに到着scissors


明るく見えるがもう夜の7時なので(大体9時ぐらいまで明るい)

とりあえず夜ご飯を食べに行きましたhappy02


ホテルのスタッフおすすめのお店を聞いて近くのレストランへsign03


な・な・なんとお店の名前が Ristorante D'Isola

偶然にも最初に行ったお店の名前がISOLApaper

運命を感じ、期待を込めて入りましたheart04heart04heart04


お食事内容は次回でbarbarbarbar

PIZZERIA ISOLA のサービス一覧

PIZZERIA ISOLA