プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

白金イゾラの若手マネージャー

元気で明るいお店を目指して奮闘中。
飲んだワインは数知れず、イタリアワインのことなら任せてください。

美味しいワインやその日に入った新鮮な食材などご紹介できればと思います。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メニュー Feed

2011年4月 2日 (土)

お宝ワインご紹介パート40

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『ドレイ ドナ社 グラフ ノワール1997年』

shineshine若きエミリア・ロマーニャ州の新星shineshine


ワイン名  グラフ ノワール
造り手   ドレイ ドナ社
州     エミリア・ロマーニャ州
品種    サンジョベーゼ種 カベルネソーヴィニョン種 
      ネグレットロンガネージ種 カベルネフラン種

ドレイ・ドナ家が現ワイナリー領土のオーナーになったのは、

1900年代初めのことsign03

その当時、この土地の畑は全てサンジョヴェーゼでしたbudbudbud

当時は葡萄作りを小作人に任せ販売していましたが、

1980年代になり先代のクラウディオがこの畑を受け継いだ時、

自分の畑のサンジョヴェーゼが他の畑に比べ非常に品質的に評判が高いと

葡萄買い取り業者や小作人などから聞き、

葡萄畑に関心を寄せるようになりましたupwardrightupwardrightupwardright

そして質より量であったエミリア・ロマーニャの葡萄栽培農家より収穫量を

落としてでも良い品質の葡萄を作ろうと試みましたupupup

その後、クラウディオは弁護士の仕事をやめ、

自分のサンジョヴェーゼでさらによいワインを造りたいと考え、

各地の一流とされるサンジョヴェーゼのワインを飲み始めましたbarbarbar

その中で、「フラッチャネッロ」「フォンタッローロ」など

フランコ・ベルナベイ氏の造るサンジョヴェーゼに深い感銘をうけましたhappy02

そして遂にベルナベイ氏と面会、醸造コンサルタントを申し入れましたが、

当初ベルナベイ氏は首をたてに振りませんでしたthink

それでも諦めず「一度自分のワイナリーを訪問し、畑を見てほしい。」

と何度もコンタクトをとり、ついには氏の訪問が実現bellbellbell

ベルナベイ氏はフォルリを訪れ、ドレイ・ドナの哲学、

将来的な展望などを実際に目にした時、

このワイナリーのポテンシャルを見出し、

ワイナリーのコンサルタントを引き受けましたshineshineshine

彼の指導の下、クラウディオが既に行っていた樹齢の古い畑での

マッサル・セレクションにもさらに力を入れるようになりますflairflairflair

現在は、ベルナベイ氏の長男・マルコとクラウディオの長男・エンリコに

父親達の哲学は受け継がれ、新しい世代が動き始めていますgoodbleah

トップクラスのボルドーワインの中に混ぜてテイスティングしても

イタリアワインと判別し難い凝縮感があるheart04heart04heart04

ワインとして生まれ持って授かった力は印象的notenotenote

全ての方向に構成が緻密なテクスチャーupupup

甘く上質なチョコレート、カカオ、カシスなどの香りhappy01

ふくよかでシルキーなタンニンshineshineshine

2011年3月31日 (木)

お宝ワインご紹介パート39

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『テッラ ダリジ社 
        モンテプルチアーノ ダブルッツォ トロス2005年』

shineshine素晴らしいコストパフォーマンスの超濃厚ワインshineshine

ワイン名  モンテプルチアーノ ダブルッツォ トロス
造り手   テッラ ダリジ社
州     アブルッツォ州
品種    モンテプルチアーノ種

アブルッツォ州の重要なワインであるモンテプルチアーノ・ダブルッツォと

トレッビアーノ・ダブルッツォの2つのワインを大切に造り続けるテッラ・

ダリジは、創業者のヴィンチェッロ・スピネッリはスピネッリ家の100年に

及ぶぶどう栽培の経験をもとに1973年に同社を立ち上げましたbellbellbell

地元アブルッツォの土地に対する愛情は深く、テッラダリジという社名は、

地元出身の作家ダヌンツォの物語

「羊飼いのアリジ」に由来して名づけられましたnotenotenote

現在ヴィンチェンツォ・スピネッリ氏と2人の息子

(カルロとアドリアーノ)が経営するワイナリーですbleah

90年代に入ってからめきめきと評価を上げ、そのクリーンな味わいと

コストパフォーマンスの良さで高い支持を受けていますupupup

また、テッラ・ダリジがあるのはアブルッツォ州南部、

サングロ川流域の「ヴァル・ディ・サングロ」と呼ばれるエリアで、

最近その土地のポテンシャルの高さが再発見されている場所flairflairflair

“高品質でテロワールの特徴を備えたワインを生産する”

というのがワイナリーの哲学ですsign03

そしてモンテプルチアーノダブルッツォこそが、

このワイナリーの個性を最も表現できるものの一つだと考えていますhappy02

これからの発展が非常に楽しみなワイナリーですshineshineshine


サービスマン潰しの重たいボトルcryingcryingcrying

深いルビーレッド色で、 熟した赤い果実と甘いスパイスの香りnotesnotes

バリック樽で18ヶ月熟成された味わいは濃厚でパワフルrockrockrock

エレガントでバランスも良く飲み応え抜群ですheart04heart04heart04

2011年3月30日 (水)

蔵出ワインご紹介パート38

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『ファルネーゼ社 エディツィオーネ№4(2005年)』

shineshine3年連続イタリアNo.1生産者に輝くファルネーゼのフラッグシップワインshineshine

ワイン名  エディツィオーネ
造り手   ファルネーゼ社
州     アブルッツォ州とプーリア州
品種    モンテプルチアーノ種 プリミティーボ種 サンジョベーゼ種
      ネグロアマーロ種 マルヴァジアネーラ種


ファルネーゼのイギリス人の顧客であり、偉大なワイン史の研究家でもある

「ヒュー・ジョンソン」は、ファルネーゼの醸造責任者「フィリッポ」と、

フランス人醸造家「ジャン・マルク」の二人に、南イタリア3000年にも及ぶ

ブドウ栽培とワイン造りの歴史を真に表現し得る、

偉大なワインを造るよう託しましたhappy02happy02happy02

「アウトクトニ」とは土着のブドウ品種という意味で、

アブルッツォとプーリアの5種類のぶどうが、

このワインのために使用されていますflairflairflairflairflair

2人はこのワインを造る際、試行錯誤の末に

最高のセパージュができあがりましたshineshineshine

しかし、ブドウ品種が2つの異なった州にまたがるために

ヴィンテージの表示ができなくなり、

ファルネーゼはヴィンテージのないワインに対する

市場の反応を懸念しましたsign03

しかし、ヒュー・ジョンソンは

『真に偉大なワインを造り上げたいのであれば、

そんなことを気にかける必要はない!品質がすべてなのだbellbell

と言い放ちましたupupup


深く暗い紫色、驚くほどにパワフルで濃厚、ソフトでまろやかなタンニンbar
果実味たっぷりで、瓶の重さも味わいも超ド級のモンスターワインですrockrock

2011年3月29日 (火)

蔵出ワインご紹介パート37

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『スピンサンティ社 アディーノ2004年』

shineshineガンベロロッソ誌で"グッドコストパフォーマンス賞"の栄誉に輝いたワインshineshine

ワイン名  アディーノ
造り手   スピンサンティ社
州     マルケ州
品種    モンテプルチアーノ種


家族経営で古くからイタリア・マルケ州の土着品種である

モンテプルチアーノにこだわりを持ち、ワイン造りを行っていましたshineshine

近年の土着品種の人気もあり、2002年度版ヴェロネッリ(Veronelli)

に初めて紹介。土着品種のワイナリーとして成功した、と絶賛されましたbell

ワインのエノロゴコンサルタントはサッシカイア、ソライアを生み出した

ジャコモ・タキスのアシスタント、ウマニ・ロンキの醸造を経験した

優秀な醸造コンサルタントのトムベッリ氏flairflairflair

※ともにガンベロ・ロッソ2グラス獲得barbar

アプリコットの香りから入り、飲み口はとてもさっぱりとしていますhappy02

軽いボディの中に、ぶどうの凝縮がつまる質の高いワインですupupup

2011年3月27日 (日)

お宝ワインご紹介パート36

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『レ テラッツェ社 サッシネリ2002年』

shineshine「レ・テラッツェ」の凄さを世に知らしめた素晴らしいワインshineshine


ワイン名  サッシネリ
造り手   ラ テラッツェ社
州     マルケ州
品種    モンテプルチアーノ種


モンテプルチアーノはイタリア中部から南部のアドリア海側(東側)

に広く栽培されているイタリア原産のブドウ品種ですbleahpaper

サンジョベーゼ・ロマニョーロ系のブドウと言われ、

トスカーナのサンジョベーゼ(サンジョッベーゼ・ピッコロ、ブルネッロ(サ

ンジョッベーゼ・グロッソ)、プルニョーロ・ジェンティーレなど

サンジョベーゼ・トスカーノ系品種とはかなり遠い親戚関係flairflair

ただ、その起源ははっきりとわからないようですhappy01

このはっきりと起源はわからないけれど、

樹勢が強く皮が厚くタンニンは豊富で酸の低いワインができる

モンテプルチアーノにレ・テラッツエはこだわりを見せていますsign03

オーナーのアントニオ&ジョルジーナ・テルニ夫妻と、

栽培責任者レオナルド・ヴァレンティ、醸造責任者のアッティオ・パーリの

チームは、このブドウの収量を落とし、熟成期間を発酵期間をより長くし、

そして小樽で熟成させることによりロッソ・コーネロの中でも最上の一本と

よっばれる「サッシネリ」を作り出しましたshineshineshine

『サッシ ネリ』というのは「黒い石(石ころ)」と言う意味のようですnote

通常のロッソ・コーネロと異なる点は、バリック熟成happy02

若干発酵期間も長くなっていますupupup

抜群の果実味の豊かさとビシッと小樽で熟成させたスパイシーさ、

時間とともにでてくる「ほろ甘苦さ」とのバランスの取れた一本ですheart04heart04heart04

2011年3月26日 (土)

お宝ワインご紹介パート35

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『レ テラッツェ社 ヴィジョン オブ J2001年』

shineshineボブデュランに捧げたスペシャルキュベshineshine


ワイン名  ヴィジョン オブ J
造り手   ラ テラッツェ社
州     マルケ州
品種    モンテプルチアーノ種


レ・テラッツェのオーナー、アントニオ・テルニ氏は

ボブ・ディランが大好きだそうですhappy02happy02happy02

このワインは、彼の情熱が生んだボブ・ディラン公認のワインgood

97年ヴィンテージに初めてリリースしたスペシャルキュヴェ

『ヴィジョンズ・オブ・J』モンテプルチャーノ100%で、

サッシネリのスペシャルキュヴェとして造られ、

ボブディラン66年の名曲「ヴィジョン オブ ジョバンナ」に

捧げたといわれるワインbarbarbar

やっと飲み頃になってきました濃厚ワインですheart04heart04heart04

2011年3月25日 (金)

蔵出ワインご紹介パート34

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『ヴェノレージ エルコレ社 ロッジョ デル フィラーレ2004年』

shineshine絶えず進歩し続け、注目のヴェレノージ・エルコレshineshine

ワイン名  ロッジョ デル フィラーレ
造り手   ヴェレノージ エルコレ社
州     マルケ州
品種    モンテプルチアーノ種 サンジョベーゼ種


何年にも渡ってトレヴィッキエリを獲得し続け、イタリア国内のみならず、

国際的にもロッジョ デル フィラーレの品質の高さは知れ渡っていますhappy02

そのため、「ヴェレノージのイメージが、ロッジョの出来によって決まる」

とエルコレは話していましたgood

1993年のヴィンテージからリリースした、ロッソ ピチェーノ スペリオーレ

の選りすぐりの傑作ですshineshineshine

フィラーレは、昔からロッソ ピチェーノD.O.C.と認められていた

エリアの中心にある畑の名前ですsign03

この畑は斜面にあり、夕日を受け葉が燃えているかのように見え、

ラベルデザインはそれを表していますsunsunsun

収穫量を押さえ選りすぐった葡萄から造られ、

フレンチオークのバリック(225Lの小樽)で24ヶ月熟成し、

瓶で6ヶ月熟成しますhappy01happy01happy01

初めてリリースした1993年ヴィンテージからヨーロッパ各国の雑誌、

品評会でいきなり高い評価を受けていますbellbellbell

引き込まれるような深く濃い赤色、色々なベリーをミックスした

複雑で広がりのある上品な芳香、しっとりした果実の深い味わいと

エレガントな深みのある力強さを持っていますupupup

2004年ヴィンテージについてエルコレは、

「前年よりも優雅に熟した葡萄が収穫できた」と語っていますheart04heart04

2011年3月24日 (木)

お宝ワインご紹介パート34

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『レ テラッツェ社 プラネット ウェイブス2002年』

shineshineボブデュラン公認のパワフルワインshineshine

ワイン名  プラネット ウェイブス
造り手   ラ テラッツェ社
州     マルケ州
品種    モンテプルチアーノ種 メルロー種


レ・テラッツェのオーナー、アントニオ・テルニ氏は

ボブ・ディランが大好きだそうですhappy02happy02happy02

このワインは、彼の情熱が生んだボブ・ディラン公認のワインgood

バック・ラベルにはボブ・ディランのサインまでプリントされていますsign03

ちなみにワイン名、「プラネット・ウェイヴズ」は、

ボブ・ディラン&ザ・バンド名義でリリースされた、

1974年の傑作アルバムの名前ですnotenotenote

大のボブ・ディラン・ファンがその名作アルバムの名を冠するワインを

造るなら、ほんとに力のこもった作品になることは想像に難くありませんscissors


よく熟していながら、緩みのない凝縮した果実味、

ふちまでぎっしり詰まったタンニン、強靭なボディの赤ワインですheart04heart04heart04

オークのニュアンスもビターでクール、偉大なワインの一つです upupup

2011年3月23日 (水)

蔵出ワインご紹介パート33

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『ラ モナチェスカ社 カメルテ1999年』

shineshineマルケ州の実力者ワイナリーshineshine

ワイン名  カメルテ
造り手   ラ モナチェスカ社
州     マルケ州
品種    サンジョベーゼ種 メルロー種

カステリ.ディ.イエージに比べて認知度の低いマテリカ地区sign01

しかし、意外にもカステリ.ディ.イエージよりも早くから存在する

産地であり、熟成という観点から見ると数段上のポテンシャルを

持っているbleah(リゼルヴァ・ミルムは15年~20年以上の熟成に耐える)

地理的にはアドリア海からの影響を大きく受ける

カステリ.ディ.イエジに比べ、60km内陸に入ったマテリカは山に囲まれ

内陸性の気候となっていて標高も400~500mと高く冷涼fuji

湿気を含んだ海風の影響は山々に完全に遮断されている為に

ほとんど受けないdashdashdash

産地の規模が非常に小さいことと、山々に囲まれ陸の孤島となる

物流条件の悪さがマテリカワインの普及を妨げてきたweep

アルド.チフォラ氏はこのマテリカの可能性を信じ、

その塩分を感じさせるミネラル感、高い酸度からくる長い余韻、

透明感溢れる造りながらも豊かな表情・複雑味を見事に表現する

ことに成功し、マテリカの名を広めたshineshineshine

モナチェスカの丘は太陽光を遮るものがないimpactimpactimpact

南西にはヴェルディッキオとサンジョヴェーゼ、

北西にはシャルドネとメルローが植えられているnotenotenote

27haの畑は平均30年以上と非常に樹齢が高く、

ベースとなるヴェルディッキオでさえ30年以上の樹が

半分以上となっているsign03

また、特筆すべきは豊富なミネラルを含んだ土壌upupup

元々塩田であった関係で、表面は灰色がかった粘土質が覆っているが、

ミネラル分に富む土壌が地中深くまで続いていて、

複雑な構成となっているlovelylovelylovely


しっかりしたメルローと高い酸度のサンジョベーゼのブレンド

で適度な強さのアタックと繊細な余韻を併せ持つbellbellbell

このカンティーナで唯一、新バリックを使用していますhappy02

2011年3月22日 (火)

蔵出ワインご紹介パート32

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『ファットリア マンチーニ社 
インペロ ピノネロ セレツィオーネ1998年』

shineshineイタリア ナポレオンのピノネロshineshine


ワイン名  インペロ ピノネロ セレツィオーネ
造り手   ファットリア マンチーニ社
州     マルケ州
品種    ピノネロ種

マンチーニ家がマルケ州の北部、エミリアロマーニャ州に近い海寄りの地、

ペーザロでワイン造りを始めたのは今から200年以上前sign03

栽培された葡萄品種はピノ・ノアールだったhappy01

イタリアに外来種であるピノ・ノアール(ピノ・ネロ)が

フランスから入植されたのは、

19世紀初頭シャンベルタ好きなナポレオンが

イタリアに侵攻した際に持ち込んだいう説もあるが、

その当時からマンチーニ家では、ピノノアールを栽培していたことになるbleah

環境の変化に品質の個性が左右されやすいピノ・ネロは、

豊かで湿気のある土壌に適さず、暑い気候にも適さないため、

栽培に難しいといわれる品種sweat01sweat01sweat01

マルケ州といえば、白葡萄はヴェルディッキオ、

黒葡萄ではサンジョベーゼやモンテプルチアーノが主で、

それから造られるワインは「イタリアのムスカデ」と称えられる白ワイン、

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージsign01

サンジョベーゼ主体のロッソ・ピチェーノ、

モンテプルチアーノ主体のロッソ・コーネロが有名で、

マルケ北部で産出される「ピノ・ノアール」は、

その存在を知られることもなく、マンチーニ家だけが栽培してきたflairflairflair

その現在の当主はルイジ・マンチーニ氏paper

DOCを名乗ることができるワイン3種類とIGTワインを

5種類生産しているnotenotenote

サンジョベーゼやモンテプルチアーノといった

他の栽培業者が多産するマルケ州の主要品種も栽培しているが、

やはり、何と言ってもピノ・ネロを使用したワインが多いbarbar

ペーザロからウルビーノにかけて造られるワインは、

DOCコッリ・ペサレージを名乗ることが許され、

サンジョベーゼ主体のロッソが1972年に認定されたbellbell

どちらかというと、この地区はエミリア・ロマーニャ州に近いため、

赤はサンジョベーゼロマーニャに、

白はトレッビアーノロマーニャに似た軽いタイプの

ワインが生産されているnotesnotesnotes

マンチーニは1970年代から「カステッロ・ディ・フォカーラ」という

ピノ・ネロから造られるVdTを生産してきたが、

20年後、DOCコッリ・ペサレージ・フォカーラとして

単一のDOCとして認定されたsign03

また、同時にピノ・ネロを混醸した白ワイン、

DOCコッリ・ペサレージ・ロンカーリアも単独DOCを取得。

勿論サンジョベーゼ主体のDOCコッリ・ペサレージ・サンジョベーゼも

生産しているが、ピノ・ネロ、アルバネッラ、ソーヴィニョンブランから

造られるヴォルセルペ・ビアンコやピノ・ネロ100%の

IGTインペロ・ロッソ、ピノ・ネロ主体にアンチェロッタを加えた

IGTブル・ロッソなどを生産しているscissors

そのマンチーニのラインナップの中でも、

イタリアの著名なワイン評論家でもあるヴェロネッリ氏が絶賛したのは、

ピノ・ネロ100%をバリック熟成させた

インペロ・ピノ・ネロ・セレツォオーネheart04heart04heart04

初めてVeronelli2000でコラムとしてマンチーニを紹介した

ヴェロネッリ氏は2ページも割いてその期待を込めたshineshineshine

そして、Vernelli2001では、ファーストノミネートながら、

最高点である「太陽マーク」を与えたsunsunsun

マンチーニ家は、30年がピノ・ネロにとって理想の樹齢と判断し、

代々セレクション・マッサールを行なってきた為、

独特のクローンが育ち、その成果が実り今回の快挙となったupupup

ブルゴーニュ以外の地でこれほどの完璧なピノ・ノワールから造られた

ワインに出会うことはめったにないと絶賛しているhappy02happy02happy02


インペロとは「皇帝」の意味crowncrowncrown

ややオレンジを含む落ち着いた赤だが、ブルゴーニュと比べると濃いpunch

ラズベリー、ブラックベリーなどの小さい赤い果実の甘い香りと

チョコレートのような香りも多少感じられるgood

PIZZERIA ISOLA のサービス一覧

PIZZERIA ISOLA