プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

白金イゾラの若手マネージャー

元気で明るいお店を目指して奮闘中。
飲んだワインは数知れず、イタリアワインのことなら任せてください。

美味しいワインやその日に入った新鮮な食材などご紹介できればと思います。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« イタリア飲みまくりツアー1 | メイン | お宝ワインご紹介パート98 »

2011年10月10日 (月)

イタリアでのお食事① D’ISOLA

中はシンプルな内装でテラスが大きかったので

時期的にもテラスでお食事しましたnotenotenote


メニューがお洒落でコルクで出来ていましたhappy02happy02

メニューを見たらサルディーニャ料理専門店happy01

なるほど、だから店名がイゾラ=島なのかと思い、(サルディーニャ島)

料理を選びましたgood



ストゥッツキーノ(つき出し)で出てきたのは、、、

パーネカラサウ(生地をカリカリに焼いた伝統的料理)

オリーブでどちらも塩っ気が効いていておつまみには最高sign03sign03

オリーブはうまみが日本で食べるものより段違いだったshineshine


この料理は美味しいトマトとフレッシュのバジルを乗せ、
           オリーブオイルをかけたパーネカラサウ

絶妙の相性でこれは一度食べたら病みつきlovely

最初はビールで乾杯flair



次はニョッキを詰めたラビオリ トマトソース

イタリアの野菜の味が濃厚で感動しましたbleah

合わせてグラスの白ワイン ヴェルメンティーノ ガッルーラ
(サルディーニャのワイン)
果実味があって、厚みある辛口ワイン

セコンド(メイン)は牛のグリル シンプルに塩のみで味付け

メインにカンノナウ サルディーニャのフルボディを飲みましたheart02

カンノナウ種はフランスだとグルナッシュとも呼ばれていますwink

スパイシーでタンニンも効いている濃厚なワインでしたup

お好みでアチェートで味付けflairオイル、塩、バルサミコ酢

コントルノ(付け合せ)でサラダを注文good

結構痛んでいるものも普通に使っていたcoldsweats01

あまり気にしないのかな、、、、paper


最後はドルチェ(デザート)

サルディーニャ伝統的お菓子 セアダスとオレンジのケーキ

セアダスは生地にペコリーノ サルド フレスコ

(フレッシュの羊で作ったチーズ)を中に入れて低温の油で揚げ、

最後に粉糖と蜂蜜をかけたデザート+レモンの皮がかけられていたbleah

オレンジのケーキはシンプルにカスタードとオレンジを乗せ焼いたものですgood
すごく甘かった、、、bearing

セアダスは甘塩っぱい感じのさっぱりとしたデザート 絶品でしたheart04heart04heart04


最後はサービスで自家製リモンチェッロをいただきましたbarbar


サービスマンも気さくでよく喋ってくれてとても満足でしたdeliciousscissors

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/568863/28645535

イタリアでのお食事① D’ISOLAを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

PIZZERIA ISOLA のサービス一覧

PIZZERIA ISOLA