プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

白金イゾラの若手マネージャー

元気で明るいお店を目指して奮闘中。
飲んだワインは数知れず、イタリアワインのことなら任せてください。

美味しいワインやその日に入った新鮮な食材などご紹介できればと思います。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

2011年10月21日 (金)

イタリア旅行記 2日目③


バチカン近くのサンタンジェロ城



サンタンジェロ城の中からの写真

上るのが結構大変でしたpaper

川はあんまりきれいじゃないですcoldsweats02

川に沿って歩きましたがゴミのオイニー(匂い)がツイキー(キツイ)でしたcrying

栗の木が川と一緒にずっと続いていましたmaple


かの有名なスペイン広場、、、すごい人でした

物売り(花や人形)が多くてうざかったpaper

基本無視が一番runrun

ローマのスーパーに入ってみましたgood

意外と野菜、フルーツは高く日本と変わらないぐらいsign02

ガス水がすごい安かった0.5ユーロ(60円ぐらい)

水はスーパーで買ったほうがお得ですnote


お昼に適当に入ったレストランで生のブカティーニ アマトリチャーナと
ラザーニャを食べましたshine

乾麺のブカティーニ(細長いロングパスタのマカロニみたいなもの)

は日本でもよく見ますが生のブカティーニは初めてでしたhappy02

ではまた次回shineshineshine

2011年10月18日 (火)

イタリア旅行記 2日目②


トランプの11番みたいな人が門番をやっていましたpaper


突撃しようと思ったんですが本気で怖い警備の人もいたのでやめました


あまり芸術には興味ないがここはすごかった、、、

いたるところに彫刻、装飾、画がありすごいとしか言葉が出ませんでしたhappy02


とりあえず凄さに驚き、お辞儀しときましたgoodbleah

トムクルーズが地下にいないか見てみましたが、残念ながらいませんpaper

天井までぎっしりupupup

地球外生命体襲来の光sign02 

Xファイルのワンシーンのようで幻想的でしたshineshine


出てきたら奥までぎっしり人が並んでいましたsign03


およそ30分ぐらいの時間差でしたがこの並び具合paper

バチカンは朝早く行かれることをお勧めしますgoodbleah


ではまた次回notenotenote

2011年10月16日 (日)

イタリア旅行記 2日目


イタリアの静かな朝、列車の音を聞きながらローマの町へrun


イタリアの車、、、これタクシーなんですpaperpaper

めっちゃお洒落goodbleah

お兄さんもかなりイケメンでしたが写真撮るの忘れましたbearing


昔ながらの町並みが続き、地面は石の道で造られて

ガタガタ揺れて車酔いしそうな感じでしたsad


まずはバチカン市国から行きましたbellbellbell

まだ朝早かったおかげで(8時くらい)人は全然いませんでしたshineshine


一部分で補修工事をちょこちょこやっているようでしたpaper

ミッションインポッシブル、天使と悪魔の舞台だと思いながら歩きました(ただの映画オタク)moviemoviemovie

ではまた次回に続く、、happy02

2011年10月13日 (木)

お宝ワインご紹介パート98

flairイタリア旅行記はまた後日で€paper


400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『ピエヴェ・サンタ・レスティトゥータ社 
      ブルネッロ ディ モンタルチーノ スプンタリ2006年』

shineshineガヤの造るコストパフォーマンス高いブルネッロshineshine

ワイン名  ブルネッロ ディ モンタルチーノ
造り手   ピエヴェ・サンタ・レスティトゥータ社 
州     トスカーナ州
品種    サンジョベーゼ種 


イタリアワインの帝王、ガヤがトスカーナに所有するワイナリー、

「ピエヴェ・サンタ・レスティトゥータ」sign03


1547年の土地目録には、既に名前が記されている、

歴史のある畑ですshineshineshine

この畑、実はあのカーゼ・バッセの隣という優れたテロワールなのですscissors

これまで、ガヤは畑ごとにブルネッロ・ディ・モンタルチーノを仕立て、

「スガリーレイ」「レイニーナ」

という2種類のワインをリリースしてきましたhappy01

それに次ぐ、畑名の無い「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」がこちらnote

これはいくつものクリュ(区画)を所有しながらも、

敢えて「バルバレスコ」をフラッグシップとするのに似ていますねbleah

畑名の無い「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」は、

2005年が初ヴィンテージupupup

エレガントなスタイルで、

熟したブドウの旨みが詰まっており複雑味もありますflairflair

バランスの良いタンニンが特徴的で、

長期熟成型のブルネッロ・ディ・モンタルチーノといえるでしょうheart04heart04

2011年10月10日 (月)

イタリアでのお食事① D’ISOLA

中はシンプルな内装でテラスが大きかったので

時期的にもテラスでお食事しましたnotenotenote


メニューがお洒落でコルクで出来ていましたhappy02happy02

メニューを見たらサルディーニャ料理専門店happy01

なるほど、だから店名がイゾラ=島なのかと思い、(サルディーニャ島)

料理を選びましたgood



ストゥッツキーノ(つき出し)で出てきたのは、、、

パーネカラサウ(生地をカリカリに焼いた伝統的料理)

オリーブでどちらも塩っ気が効いていておつまみには最高sign03sign03

オリーブはうまみが日本で食べるものより段違いだったshineshine


この料理は美味しいトマトとフレッシュのバジルを乗せ、
           オリーブオイルをかけたパーネカラサウ

絶妙の相性でこれは一度食べたら病みつきlovely

最初はビールで乾杯flair



次はニョッキを詰めたラビオリ トマトソース

イタリアの野菜の味が濃厚で感動しましたbleah

合わせてグラスの白ワイン ヴェルメンティーノ ガッルーラ
(サルディーニャのワイン)
果実味があって、厚みある辛口ワイン

セコンド(メイン)は牛のグリル シンプルに塩のみで味付け

メインにカンノナウ サルディーニャのフルボディを飲みましたheart02

カンノナウ種はフランスだとグルナッシュとも呼ばれていますwink

スパイシーでタンニンも効いている濃厚なワインでしたup

お好みでアチェートで味付けflairオイル、塩、バルサミコ酢

コントルノ(付け合せ)でサラダを注文good

結構痛んでいるものも普通に使っていたcoldsweats01

あまり気にしないのかな、、、、paper


最後はドルチェ(デザート)

サルディーニャ伝統的お菓子 セアダスとオレンジのケーキ

セアダスは生地にペコリーノ サルド フレスコ

(フレッシュの羊で作ったチーズ)を中に入れて低温の油で揚げ、

最後に粉糖と蜂蜜をかけたデザート+レモンの皮がかけられていたbleah

オレンジのケーキはシンプルにカスタードとオレンジを乗せ焼いたものですgood
すごく甘かった、、、bearing

セアダスは甘塩っぱい感じのさっぱりとしたデザート 絶品でしたheart04heart04heart04


最後はサービスで自家製リモンチェッロをいただきましたbarbar


サービスマンも気さくでよく喋ってくれてとても満足でしたdeliciousscissors

2011年10月 6日 (木)

イタリア飲みまくりツアー1

イタリア ローマからホテルへ移動!

雲一つなく快晴sunsunsun


イタリア人の車の運転は荒いと聞きましたがここまでひどいとは、、、

みんな気分はF1ドライバーみたいにぐんぐん抜いていくbearing

無事、事故することなくホテルに到着scissors


明るく見えるがもう夜の7時なので(大体9時ぐらいまで明るい)

とりあえず夜ご飯を食べに行きましたhappy02


ホテルのスタッフおすすめのお店を聞いて近くのレストランへsign03


な・な・なんとお店の名前が Ristorante D'Isola

偶然にも最初に行ったお店の名前がISOLApaper

運命を感じ、期待を込めて入りましたheart04heart04heart04


お食事内容は次回でbarbarbarbar

2011年10月 5日 (水)

イタリアに行ってきました! ブログ再開♪

イタリアに8月行ってまいりましたsign03sign03


○イタリア上空(飛行域内にて)
かなりの雨男なので晴れているか不安でしたがばっちりいいお天気でしたsun



○だんだん地面が近くなってきました。

丘や畑がずっと続き、美味しい食材の宝庫ならではの光景shineshine



○イタリア到着upupup

ローマの空港に到着airplane
イタリアはとてもカラッとしていて日本の湿気臭さがまったくない!

これからローマ→アマルフィ→ナポリと南イタリアを回ってきました。詳細は次回scissors

2011年8月 7日 (日)

お宝ワインご紹介パート97

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『アンジェリーニ社 
      ブルネッロ ディ モンタルチーノ スプンタリ1998年』

shineshine色々な畑を持つ大きなワイナリーshineshine

ワイン名  ブルネッロ ディ モンタルチーノ スプンタリ
造り手   アンジェリーニ社 
州     トスカーナ州
品種    サンジョベーゼ種 


素晴らしい香りとエレガントな味わいupupup

空けた瞬間から飲めるのは飲み頃を向かえたブルネッロだからshineshineshine

余韻は長くバランスが最高ですheart04heart04heart04

2011年7月29日 (金)

お宝ワインご紹介パート96

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『フリーニ社 ブルネッロ ディ モンタルチーノ2005年』

shineshine古い歴史を持つ伝統的な作り手shineshine


ワイン名  ブルネッロ ディ モンタルチーノ
造り手   フリーニ社 
州     トスカーナ州
品種    サンジョベーゼ種 


ルネッサンス期にも名声を博したヴェニスの旧家フリーニ家は、

14世紀エドアルド3世の傭兵隊長としてイギリスに移住しますsign03

その後、メディチ家が崩壊したイタリアに帰国、ハプスブルグ家、ロレーナ

王に仕え、トスカーナ州マレンマ地方に広大な領地を与えられましたhappy01

スカンサーノの畑でワイン造りの経験を積んだジョヴァンニと

マリア・フリーニは、1905年モンタルチーノ地方に移り住み、

その後は今日に至るまで同地で農園経営、

とりわけ良質のワイン造り続けており、唯一、

モンタルチーノ市街に16世紀のメディチ家の

地下室であったセラーを所有しておりますflairflairflair

現在、フリーニ農園はマリア・フローラ・フリーニと

ロベルト・グエッリーニが運営しており、

70年代初頭からブルネッロとロッソ・ディ・モンタルチーノを

販売していますbarbarbar

ロベルトはエレガントなフリーニスタイルを

造り出すに相応しい人物であり、

シエナ大学の犯罪法律の教授も務める信頼ある人物ですsign01

フリーニ農園の耕作面積は約100ヘクタールbudbudbud

標高380~450mの選び抜かれた上質の場所ではオリーヴを栽培し、

エクストラ・ヴァージン・オリーヴ・オイルも生産していますupupup

フリーニのぶどう畑は、モンタルチーノから3~4km離れた

ブルネッロの伝統的な認定地区(南東)に位置しており、

約7ヘクタールの広さの泥灰質のガレストロ土壌ですshineshineshine

フリーニでは特に最新設備が完備されているわけではありませんnote

まさにその土地と葡萄のみが純粋に産み出す高品質のワインなのですbellbell


紫色を帯びた濃い目のルビーnotesnotesnotes

黒すぐり、スミレ、オークなど、

フルーツとスパイスを思わせる香りがよく混ざり合っていますgoodbleah

複雑さを極めるブドウのストラクチャーから醸し出される風味は、

その余韻が非常に長く残りますupupup

リッチでヴォリューム感のある味わいに

細やかなタンニンとのバランスが秀逸ですheart04heart04heart04

2011年7月27日 (水)

お宝ワインご紹介パート95

400種類以上あるイタリアワインよりupup

本日の1本 『ビービー グラーツ社 バロッキ ディ テスタマッタ2003年』

shineshine年間生産600本の幻ワインshineshine


ワイン名  バロッキ ディ テスタマッタ
造り手   ビービー グラーツ社 
州     トスカーナ州
品種    サンジョベーゼ種 コロリーノ種 カナイオーロ種           モスカートネロ種 マルヴァジアネラ種 


世界最大のワイン市であるヴィネクスポ2003で、

新しい30,000本のワインから1位に輝いた、

スーパートスカーナで日本でも話題のワインですsign03

さらに、テスタマッタ2001年は、

イタリア2大ワインガイドのヴェロネッリで、数万本の中からの、

イタリアベスト20である最高賞、イルソーレを獲得していますbellbellbell

特徴は、発酵時に、ブドウを新樽の中にそのまま入れて

発酵してしまうという初めての試みをして世間を驚かせましたnote

これが鮮度感などに繋がっていますupupup

2000年の初ヴィンテージより、ヴェロネッリ誌は

“今回のVINITALYで最高のワイン” と絶賛flairflairflair

イタリアで最も有名な酒屋は試飲するなり“全部売ってくれ!”

強烈なインパクトのラベルは、アーティスト一家に育ったBIBI氏の自作happy01

テスタマッタとはクリエイティブな意味での “クレイジー”の意味ですhappy02


チェリーのコンポート、チョコレート、バニラ、クローブ、

なめし皮や下草等、個性の強い複雑なアロマがありますshineshineshine

濃いながらもビロードの様な滑らかなタンニンと大きなボディnotesnotesnotes

酸と糖度も程良いバランスを保っていますbarbarbar

余韻も長くチョコレートやスパイス等が感じられますheart04heart04heart04

PIZZERIA ISOLA のサービス一覧

PIZZERIA ISOLA